イメージ画像

染めプリント加工(捺染・インクジェット・ろうけつ染め【バティック】・シルクスクリーン)のご提案

捺染プリントいつもご覧いただきましてありがとうございます。本日は弊社にて承っております、染めプリント加工についてのまとめを書かせて頂きます。一重に染めプリント加工といっても、現在は沢山の手法が存在します。そんな中でも今回は弊社が承っております実績ある染めプリント加工についてまとめさせて頂きます。

先ずは『捺染プリント』についてです。日本や中国などではロットが大きすぎてなかなか皆様手を出せないのが『捺染プリント』になるかと思われます。捺染プリントといっても、これまたいくつもの手法があり、大きく分けると機械捺染と手捺染に分かれます。通常日本や中国では1000m~3000m以上がミニマムロット(最低発注数量)となりますが、弊社の場合は約100m程度から染め加工が可能となってきますので、かなりのご好評を頂いております。又従来は混ざりものなしの生地(例えばコットン100%など)のみにしか加工はできないと言われてきたのですが、最近は、コットン95%ポリウレタン5%(コットンジェルシー生地)などの混合生地にも染めが可能となっております。※画像のいわゆる『かすれ』はプリントミスではなく、デザインによるものです。

 

反物生地へのシルクスクリーンプリント続いては、続いては…、シルクスクリーンプリント(反物へのプリント)です。

シルクスクリーンプリントでも反物に直接プリントできる工場は、なかなか存在しません。また国内にも可能な工場はございますが、料金的に厳しい面がございます。弊社では50mよりプリントを承っております。是非お気軽にご一報下さい。

 

 

 

インクジェットプリントまた弊社ではインクジェットプリンターを使った多色カラープリントも手掛けております。Tシャツは勿論、生地へのインクジェット印刷も可能です。インクジェットプリントの場合、シルクスクリーンプリントのように、色数によって版数やプリント代金が変わったりせず、多色でも同一料金です。インクジェットプリントの場合は、プリントする面積で料金が決まります。詳細は是非お気軽にご一報下さい。

 

 

 

 

ろうけつ染めプリントパレオ最後は、ろうけつ染めについてです。当店では昨年より手染めによるろうけつ染め加工のご注文を承っております。とても少ない枚数から生産する事が可能で、また手作業にしか出せない階調を出すことが可能です。生産ロットに関しては、小売店様、卸売り業者様など形態によって変わります為、別途お気軽にご一報下さい。

 

 

 

 

シルクスクリーン・プリントパレオ※シルクスクリーンプリントによるパレオのご注文も承っております。詳細は別途お気軽にご一報下さい。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月1日

このページの先頭へ