イメージ画像

鋳物・鋳造・キャストによる、オリジナル・アクセサリー生産のご提案

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

本日は鋳物・鋳造・キャストによる、オリジナル・アクセサリー生産のご提案です。

鋳物・鋳造・キャストとは、溶けた金属を型に流し込み、型に合った物を作り上げる事を指します。今回弊社にてご説明させて頂くのは、この中でもステンレス製のアクセサリーになります。基本的に2Dデザインとなりますが、若干立体感を持たせることも可能となっております。

鋳物・鋳造・キャストによる、オリジナル・アクセサリー生産

こちらのサンプル写真は、弊社のハワイアン部門にて製作したオリジナル・デザインによるトップになります。イヤリングやピアス、その他ネックレスのトップとして、キーホルダーや携帯ストラップなど用途は色々とございます。このモチーフは、タヒチの国花でもあります、ティアレ・タヒチというお花がモチーフになっております。タヒチでティアレとは『お花』を意味するそうで、日本で言う四葉のクローバーのように、8枚の花びらを持ったティアレは、幸運を運んできてくれる、と言われているそうです。

鋳物・鋳造・キャスティングによるオリジナル・アクセサリー生産

通常は2D(平面)デザインになるのですが、写真のように若干の立体感を生ませることは可能となっております。

ロット数は1注文1型300個よりとなっております。但し価格的にも非常に安価であり、また、表面に色を入れる場合は、1カラー100個より複数色を組み合わせて300個にすれば良いことになってます。但し色なし(シルバー表面)の場合は、キャスト(鋳型)が異なるため、色なしは300個生産する必要がでてきます。

鋳型によるオリジナル・アクセサリー生産

勿論ステンレス以外にも金(24k)やシルバーなどのオリジナル・アクセサリー類の生産も可能ですので、是非お気軽にお問い合わせください。

本日もご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月20日

このページの先頭へ